読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦国軍記 現代語訳

主に戦国時代の軍記物を現代語に訳しております。

常山紀談巻之一 輝虎平家を語らせて聞かれし事附佐野天徳寺の事

 輝虎はある夜、石坂検校に平家物語を語らせて聞いていたところ、鵺の段を聞いてしきりに涙していた。

 側に控える者たちは怪訝に思っていると、輝虎が言うには、

「我が国の武徳も衰えたものと覚える。昔、鳥羽院の時代、禁中に妖怪が出たとき、八幡太郎源義家)が鳴弦(邪気を払うために、弓の弦を手で引き鳴らすこと)して鎮守府将軍源義家と名乗れば、妖怪はたちまち消えた、とのことだ。その後、源頼政が鵺を射たにもかかわらずに死なず、井野隼人が刺し殺してとどめを刺したと聞いた。義家が鳴弦した時は天仁元年のことであった。鵺が出たのは近衛院の仁平三年であるので、わずかに四十六年後ことだが、既にはるか武徳が劣ってしまった。今は頼政の時代から四百五十年後であるから、わしがまた頼政にはるかに劣っていると思えば、思わず涙を流してしまった」と語られた。

 また、これと似た話があるので付記する。

 

 相模国北条家の幕下佐野城主天徳寺(了伯=佐野房綱)は勇将であったが、あるとき琵琶法師に平家物語を語らせて聞いていたが、まだ語りおわらない先に

「私はただあわれなる話を聞きたいと思っている。そのように心得よ。」と言われ、

法師は「わかりました」と、佐々木高綱の宇治川の先陣の段を語りだしたところ、天徳寺は雨雫のように涙を流して泣いた。

 また、もう一曲前のようなあわれなる話を聞きたいと言ったので、那須与一(宗高)の扇の的の段を語った。話の半ば、天徳寺はまた涙を流してしまった。

 

 後日、天徳寺は側に仕える者達に「この間の平家物語を聞いてどうであったか」と聞いたところ、

「全て面白かったとです。ただし、一つわからないことがありました。二曲とも勇気ある功名話であって、悲しいところは少しもなかったのに、殿は涙を流してむせておいでになりました。今でも不思議なことと思っております」といったところ、

 天徳寺は驚いて、「今の瞬間まで皆を頼もしく思っていたが、今の一言で力が抜けてしまったぞ。まず佐々木高綱の話をよく心に思い浮かべてみたまえ。右大将(源頼朝)が、舎弟の蒲冠者(源範頼)に与えず、寵臣の梶原(景時)にも与えなかった名馬生食(いけずき)を高綱に与えられたのだ。それにもかかわらず、この名馬で宇治川の先陣をとれず、他の者に先を越されたら、必ず討死して再び帰らないと暇乞いをして出陣している。その志があわれと思い涙を流したのだ。」

そのあとしばらくして言うに、

那須与一も多くの者の中から選ばれ、ただ一騎で陣前に出て、馬を海の中に乗り入れて的に向かうに至るまで、源平両家鳴りを潜めてこれを見まもった。もし射損なったら味方の不名誉となり、その場合は馬上で腹を掻き切って海に身を投げようと思い定める気持ちを察してみよ。弓矢をとる道ほど悲しいものはない。私もいつも戦場に臨んでは、高綱や宗高と同じ気持ちで槍を取っており、平家物語を聞いたときも両人の気持ちを思いやって、涙が止まらなかった。それだというのにその方達は悲しくなかったと言うか。思うにその方達の武辺はただ一時の勇気にまかせて、真実から出た勇気ではないのではと思ったぞ。それでは頼りにならない。」と嘆いたとのことであった。